2020年7月29日水曜日

手すりの種類とチェックポイント~下地の状態を確認~



7.下地の状態を確認

テスリックスを設置する場合には、壁面に手すりをつけても問題ないだけの強度があるかを確認します。通常は壁の中に間柱があります。その位置とビス止め位置が合えば問題ないのですが、ビス穴がが合わない場合は、壁を補強し、その上から手すりを固定します。上記のように該当部分を構造用合板等で下地を作成するのがベストです。


テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス






2020年7月28日火曜日

福祉の手すり『テスリックス』設置の勧め


トイレの手すり
テスリックス

 高齢者や体の不自由な方の生活において、手すりは日常生活に欠かせない重要なパーツです。福祉の手すり『テスリックス』は、身体を支えたり移動の手助けをする機能の他、運動能力の維持回復として利用するリハビリにも活用出来ます。
 また、テスリックスは、従来の手すりに比べ、手が届く箇所が多いので、とっさの躓きやバランスを崩し体勢が不安定になった時などに対応できる確率が向上し、高齢者の寝たきりの原因となる転倒防止にも役立ちます。新築やリフォーム時、福祉の手すり『テスリックス』の設置をお勧めします。



テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス






2020年7月27日月曜日

バスルームにおける手すりの位置の不思議


 
 バスルームにおいて、多くの場合一本の手すりが設置(図-1~4)されていますが、その設置の状況にいつも疑問を持ちます。
図-1.
手が届いても掴む位置が悪く起き上がれない。

図-2.
手が届いても有効な位置でないため、力が入らず起き上がれない。

図-3.
手が届いても角度が悪く、滑って起き上がれない。
図-4.
有効な位置に手が届かず、また届いても滑って力が入らず起き上がれない。

図-5.
有効な位置に手が届いて、力が入りやすく簡単に起き上がれる。

図-1から図-4の手すりの位置では、浴槽につかった状態で、手が手すりに届かなかったり、届いても力が入れられず起き上がれなかったりします。手すりがついていればよい、というものではありません。
 バスルームに最適な手すり『テスリックス』では図-5のように、どのような体制でも手すりに手が届き、簡単に起き上がることが可能となります。『テスリックス』は非常に安心安全な手すりと言えます。


テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス






2020年7月22日水曜日

手すりの未来はここまで来ています



手すりの未来はここまできてます。
『テスリックス』ぜひとも検討されてみては?

 自由な発想が生んだこのアイデア。福祉の手すり(手摺)『テスリックス』は取り付ける時も、使っている時も、非常に自由度の高い便利な”手すり”(手摺)です。
 人間の体の大きさや残存能力には加齢とともに変化します。この福祉の手すり(手摺)『テスリックス』は、未来永劫にわたってしっかり対応してくれます。


テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス




2020年7月21日火曜日

便利で安心安全『テスリックス』設置のメリット


便利で安心安全『テスリックス』設置のメリット


 足腰が弱くなった高齢者を在宅にて介護する場合、手すりの存在が欠かせません。特に、格子状の手すり『テスリックス』は、被介護者の日常生活を支え、安全で快適な暮らしを約束します。


テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス




2020年7月17日金曜日

手すりの役割



福祉の手すり『テスリックス』CM

手すりの役割

手すりの役割は、転倒を防止し、動作や歩行を円滑にして、安全安心な日常生活を支援することにあります。そのためには、あって欲しい所に適切な手すりを設置することが大切です。

1.動作補助

玄関トイレなど立ち上がり
浴室洗い場での立ち座りやバスタブに出入り
出入口のドアなどの開閉時に身体のバランスをとる

2.移動補助

階段の昇降
廊下の移動
暗がりでの伝え歩きの誘導として

3.転倒防止

廊下での転倒
階段からの転倒
出入口開口部からの転倒


※この日常生活を支援するのが福祉の手すり『テスリックス』の役目です。

手すりの種類とチェックポイント




テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス







2020年7月15日水曜日

頼りになる手すり


手すりの種類とチェックポイント



現在一戸建ての住宅では、まだまだ半数以上の住宅に手すりが設置されておりません。(総務省統計『平成30年住宅統計調査』より)
 これから手すりをお考えの方、まだ要らないと思われている方、こんな便利な手すりがあります。私たちは、超高齢化社会の中、いつまでも元気でありたいですが、50歳を過ぎ加齢すればするほど転倒事故が増加します。何気ない段差など、いつもは大丈夫と思われる箇所での転倒など、打ちどころによっては手遅れになってしまいます。
 この『テスリックス』ぜひともご検討ください。
 

テスリックスの商品パンフレットはこちらからダウンロードしてください。

スタッフブログはこちら
↓↓
手 手 手 てすり
じぇいの部屋
介護における手すり色々
手すり色々
福祉の手すりテスリックス